TOPへ戻る

土壁輻射温水暖房
  • HOME »
  • 土壁輻射温水暖房

土壁輻射温水暖房のすすめ

土壁内に張り巡らした温水管ホースの画像

暖房器具と一言で言っても、エアコン・電気式床暖房・石油ストーブ・電気ストーブ・ガスストーブ・薪ストーブ・石油ファンヒータ―・・・と多種多様です。これは個人差や体調も含めて「心地よさ」というものが非常に数値化しにくい表れです。

省エネルギー・ゼロエネルギー等、年々国の基準も高性能な数値へ向かっており、それは間違いではありませんが、体感的な「心地よさ」を求めたとき、科学的な根拠の数値ではそれを表すのは困難です。

弊社がお勧めする「土壁輻射温水暖房」とは、土壁内に張り巡らした温水管で土壁全体を温め、その輻射熱によって室内と人間の体を温めるというものです。温度の高い熱風が出ませんので心地よい温もりが得られるという特徴があります。

輻射熱による暖房のメリット

土壁輻射温水暖房の部屋

じんわりと身体に伝わる温かさが持続します。

部屋全体が暖かくなり、局所的に寒くなることがありません。

開放型燃焼器具の様に、室内の空気を汚すことがありません。

24時間暖房により絶対温度を温めることができ、土壁が持つ調湿作用との相乗効果で結露を抑えます。

「土壁輻射温水暖房」を使用されているお施主様のご感想

実りの家

K様

現在の設定は、設定温度を21~22℃の控えめ運転で24時間稼働させています。
冬の朝の起床時に温かく、夜に干した洗濯物も乾いています。
冬場は外に出たとき、外が非常に寒かったことによく気付かされます。
空気が汚れていない気がします。
実りの家 »

寺町の家

T様

すごく暖かいというわけではありませんが、室温としては18~20℃ぐらいに保てるので、真冬でも上着を着ていれば、さほど寒くありません。
夜の間は部屋の戸は開けたままにしています。
エアコンを使ったときのように、すごく乾燥する感じがないのが気に入っています。オール電化にしては、電気代が安く済んでいると思います。
寺町の家 »

お問い合わせ・お見積りはこちらまで SSD建築士事務所株式会社
土壁輻射温水暖房
SSDの建築理念