TOPへ戻る

緩い傾斜地の計画

1000㎡の緩やかな傾斜地に計画する木組プランのスタディー。

隣地の建築物をかわしながら最大のプライベート感を探ります。

(さらに…)

瀬古 智史

瀬古 智史 2018.08.13


茶室材料の買付

今日は大阪まで茶室の材料を買い付けの行ってきました。

磨き丸太は外部庇に柱に。

面皮柱は茶室の柱に。

赤松の皮付柱は床柱になります。

(さらに…)

瀬古 智史

瀬古 智史 2018.07.30


エントランスの計画変更

RCK-studio houseのエントランスは計画を変更してシンプルなブラックチェリーの引き戸になりました。

ホテルに例えるならエントランスからロビーの空間は格調を印象付ける最も重要な場所。

戸建て住宅の計画として良い事例となりました。

SSDFF blackcherry 玄関 エントランス

瀬古 智史

瀬古 智史 2018.06.06


体制づくり

気がつけばGWも過ぎ梅雨の気配を感じる季節となってきました。

ブログの更新が滞っていますが、追い込みの現場と建方を控える現場とが入り混じり、各担当スタッフは忙しい日々が続きます。

私は瀬戸事務所の体制を作りながら、プランニングと特殊な納まりのデザインに注力しております。

今年は新たに加わるスタッフも多く、体制もベストな状態へと進んで行くことが実感できる年となりそうです。

 

瀬古 智史

瀬古 智史 2018.05.19


荒壁2018

MTU-kigumi houseの荒壁付けが進んでいます。

まだまだ気温は高くありませんので、SSDオリジナル温水輻射暖房も稼働しながら作業を進めます。

瀬古 智史

瀬古 智史 2018.03.21